リョアキグループ リョアキガソリンスタンド リョアキタクシー リョアキレンタカー リョアキフード 大阪たこ焼き カナクーシン

リョアキグループカンパニー

レンタカーの予約 ⇒

リョアキグループとは?

新規参入も継続も大変難しいと言われるフィリピンにおいて、保有車800台を超えるタクシーカンパニーに成長した弊社では、タクシービジネスで培った経験と、関連性を活かし、レンタカー事業、ハイヤー事業、広告事業、レストラン事業、ガソリンステーションとビジネスの輪を広げています。

リョアキグループ 5ヵ年計画

フィリピンは2000年以来継続的に、ASEAN諸国でトップクラスの経済成長率を維持

  • 2016年度のGDP成長率は前年5.9%から6.9%に上昇。今年は7~8%と経済学者予想。
  • 景気を根本的に支える要因が、GDPの7割を占める強い個人消費、購買意欲である。
  • 海外労働者派遣(OFW)、インターネット上で労働力を提供(BPO)産業の成長も大きな要因。
    BPO産業:コールセンター、経理計算、ソフトウェア・アプリ開発等の委託
    フィリピン労働雇用省の発表によると、同産業の売上高は2016年は250億ドルで過去最高
  • 観光業が7年連続前年比増加で、2016年は総売上1066億ペソ、前年度から13.25%増
  • 海外からの直接投資は、前年度から19.2%増の260億ペソ
    オランダが81億ペソで31%、日本が44億ペソで16.8%、アメリカが37億ペソで14.3%

国民の9割が英語を話せる 若くて豊富な労働力 子供を育てやすい社会環境

平均年齢45歳

平均年齢21.5歳

平均年齢格差
23.5歳

RYOAKIの経歴

2011年 RYOAKI TAXI Inc. 始動

不可能と言われた日本人経営。
2013年にはマニラ最大のタクシーカンパニーに成長。

2013年 レンタカー・ハイヤー事業を追加始動

タクシー利用者を中心に客が増え、翌年2014年にはマニラ最大のレンタカー会社に成長。

2016年 ガソリン卸し事業に参入

タクシー事業同様、不可能と言われた新規参入に成功。フィリピン初の日本人オーナー。
現在20の直営店稼働準備中。2020年までにマニラ首都圏を中心に100店舗を展開。

2017年現在、タクシー事業、レンタカー事業に置いて、業界一位。総数500台を単独保有。

創業から5年でRYOAKIは既にパブリックカンパニーとして認知されたブランドを築きました。

ガソリンスタンド展開

タクシーの走行距離 300km/日

⇒ 月間 45万Lのガソリンを消費

タクシーに特化する魅力

一般家庭の3,600世帯相当の顧客と同等

事業参入の目的は小売でなく、ガソリンの元締め販売

2017年度 社内旅行

3万人が住む街